八戸中心商店街総合情報サイト

八戸中心商店街総合情報サイト「八戸まちなかどっとこむ」

中心商店街MAP(PDF)はこちら
【きょうの気になる本】「消えたベラスケス」(ローラ・カミング/柏書房@kashiwashobo)国立西洋美術館の「プラド美術館展」で話題のベラスケス。ベラスケスとその絵に魅せられたひとりの男、そして幻の絵画を探し求める著者と、一枚… https://t.co/enJEmVvxhY
「編集者・坂本政謙さんを囲んで」の前日、5/18(金)には、八戸グランドホテルにおいて、八戸市読書団体連合会の創立50周年記念式典・記念講演会が開催されます。こちらも坂本さんがご登壇され、「編集者と作家と作品とのかかわり」という演… https://t.co/wFuIIRWcQ7
広辞苑に興味のある方はこんなイベントも。5/11(土)13時半からNHK文化センター八戸教室にて、広辞苑辞書編集部の平木靖成さんを講師に「広辞苑改訂から見た日本語の今」が開催されます。お申し込み・お問い合わせはNHK文化センター八… https://t.co/GbFboYZR2J

ギャラリー展示 飯田竜太展「のどの文字、間の無光」のおしらせ

八戸ブックセンターではこのたび、飯田竜太展「のどの文字、間の無光 - The words of the inside margin and darkness at time. – 」を開催いたします。

飯田竜太氏は、田中義久氏とのアートデュオ「Nerhol」の活動で知られ、世界的な評価を得る彫刻家・美術作家です。また、八戸短期大学幼児保育学科の常勤美術講師として、2010年から2015年まで八戸に在住・在勤していた、八戸ゆかりの作家でもあります。
本展示では、自身が読み終わった本や、捨てられる運命にあった本を素材に、本という物質とそれが持つ意味に焦点を当てた彫刻作品を展示いたします。これほどまとまった量の作品が並ぶ個展の機会は、都内でもめったにありません。ぜひゆっくりとご覧ください。

■八戸ブックセンター ギャラリー企画展示 
飯田竜太展「のどの文字、間の無光 – The words of the inside margin and darkness at time. – 」


期間:平成29年4月15日(土)~平成29年6月30日(金)
場所:八戸ブックセンター ギャラリー
料金:無料

■飯田竜太展「のどの文字、間の無光 – The words of the inside margin and darkness at time. – 」
展示記念トークショー 飯田竜太×内沼晋太郎 「美術と彫刻と本について」


日時:平成29年6月24日(土)14:00~15:30
料金:無料
出演:飯田竜太氏、内沼晋太郎氏
予約:八戸ブックセンターのカウンター、お電話(0178-20-8368)、ウェブサイトでご予約を承っております。

詳細、最新情報は以下のページで!
https://8book.jp/bookcenter/735/

詳細を見る

ページTOPへ